無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

店内の紹介

  • 入口から見える店内
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

2019年7月21日 (日)

グリーンマックスの京阪3000系登場時仕様の車掌室灯&室内灯取付済み特製品をM付8両セット34800円で販売いたします。

  グリーンマックスの京阪3000系登場時仕様の車掌室灯&室内灯取付済み特製品をM付8両セット34800円で販売いたします。

P1430757  P1430758

これはお店に在庫している新品商品を加工したもので、車掌室灯は両方の先頭車ともにあらかじめ加工済みです。

写真のように車掌室(前進時は運転台)に後進時のみ蛍光灯を模した白色LEDが点灯するよう加工したもので、前進時は運転台となるのでLEDが消灯いたします。

加工と同時に全車に室内灯も取付済みです。

P1430761 P1430760

後部の運転台は車掌室となりますので、実車でも蛍光灯が付いている姿を良く見かけますね。

というわけでNゲージでも加工で再現してみた次第です。車掌室が明るいだけで車掌が乗っているようかのように見えるのが不思議です・・・。

ちなみに持込での車掌室灯点灯化の加工も部品代込み1両2500円で承っております。

新品購入+室内灯代+工賃より、かなりお買い得になっていますのでぜひこの機会にどうぞ。

 

2019年7月20日 (土)

カトーのEF65-1000のテールライトを点灯化しました。

カトーのEF65-1000のテールライトを点灯化しました。

P1430596

お客様のご要望により第2エンドのみ点灯化しました。

こうすると第1エンド側に客車を牽けば、客車側のテールライトは点灯しないので違和感がありません。

当然、後進時には写真のようにキレイにテールライトが点灯します。

ちなみに加工料金ですが、部品代込み4000円にて承りました。

2019年7月19日 (金)

カトーのC62-2号機梅小路機関区1972のテンダーヘッドライトとテールライトを点灯化しました。

カトーのC62-2号機梅小路機関区1972のテンダーヘッドライトとテールライトを点灯化しました。

P1430601

テンダーヘッドライト点灯状態です。

テンダー内にライトユニットを入れており、ヘッドライトは元のレンズをそのまま利用し、テールライトは新たに作った光ファイバーによる導光で点灯させております。

ヘッドライト点灯状態は若干暗く見えますが、モーターが動き出さない電圧で撮影しているためで、走行時は明るく点灯いたします。

ちなみにヘッドライト点灯化の加工工賃は1両2000円となります。

P1430599

こちらはテールライトの点灯状態です。

テールライト点灯化の加工工賃は1両5000円となります。

ヘッドライト点灯化との同時加工のみ、少し割引して合わせて6500円で承っております。

2019年7月18日 (木)

トミーテックの鉄コレ、阪急5100系原形のライトを点灯化しました。

トミーテックの鉄コレ、阪急5100系原形のライトを点灯化しました。

P1430500

お客様からご依頼を受けたものです。

ご要望により前進時にヘッドライトがLEDで電球色に点灯し、後進時にはテールライトがLEDで赤色に点灯するよう加工しました。

いつも通り運転台はシースルーで加工しておりますので、実車と同じように前面窓を通して客室が見えるようになっています。

ちなみに加工料金は部品代込み1両5000円(トレーラー車は集電加工に別途1500円と金属車輪が必要)となります。

2019年7月17日 (水)

グリーンマックスの京阪7000系7004編成新塗装のライトを点灯化しました。

グリーンマックスの京阪7000系7004編成新塗装のライトを点灯化しました。

P1430315

お客様より加工を承ったものです。

写真のように前進時はヘッドライトが電球色LEDで点灯し、後進時はテールライトが赤色LEDで点灯します。

ライトユニットはなるべく外から見えないように取り付けてありますので、運転台を通して車内が見えます。

今回から施工方法を改良しましたので、電球色LEDが使えるようになりました。(その代わり方向幕は非点灯となります。)

P1430316

ちなみにこちらの加工料金ですが、ヘッド&テールライトの点灯化で1両5000円(トレーラー車の場合は集電加工に1両1500円が必要)となります。

標識灯を点灯化する場合は1両につき2500円の追加料金となります。

2019年7月16日 (火)

トミーテックの鉄コレ、大阪メトロ66系堺筋線更新車のライトを点灯化しました。

トミーテックの鉄コレ、大阪メトロ66系堺筋線更新車のライトを点灯化しました。

P1430307

お客様からご依頼を受けたものです。

ご要望により前進時にはヘッドライトが電球色LEDで点灯し、後進時にはテールライトが赤色LEDで点灯いたします。

P1430308

いつも通り運転台はシースルーで加工しておりますので、実車と同じように前面窓を通して客室が見えるようになっています。

ちなみに加工料金は、穴あけ加工代込み1両7500円(トレーラー車は集電加工に別途1500円と金属車輪が必要)となります。

2019年7月15日 (月)

カトーの113系2000番台にたぶれっとさんの忍びトレインデカールを貼り付けました。

カトーの113系2000番台にたぶれっとさんの忍びトレインデカールを貼り付けました。

P1430538

お客様からのご依頼で製作したものです。

数日かけてデカールを貼り付けた後、デカール保護のためクリアコーティングを行って完成しました。

P1430540

透明デカールなので切断面が綺麗に仕上がっています。

元がカトー製品用のデカールではありませんので少しサイズが大きいようでした。

絵柄を窓枠に合わせるのに苦労しましたが、何とか違和感なくできたように思います。

P1430539

反対側はこんな感じです。

ちなみに今回は4両で工賃52000円にて承りました。

乾燥時間を含めてまるまる10日間という時間がかかったということもあり、工賃がどうしても高くなってしまいます点はご容赦ください。

2019年7月14日 (日)

カトーの113系2000番台にたぶれっとさんの忍びトレインデカールを貼り付け中。

カトーの113系2000番台にたぶれっとさんの忍びトレインデカールを貼り付け中。

P1430509

お客様からのご依頼です。

同じような全面ラッピングデカールをグリーンマックスやマイクロエースおよびトミックス製品に貼り付けたことはありますが、今回は初めてのカトー製品への加工となります。

ボディ全面にデカールを貼り付けるので、けっこう難易度が高くなります。

P1430516

このデカールは全面ラッピングとはいえ透明デカールとなっていますので、ベース部分となるダークブラウン塗装は必要です。

説明書の指定ではぶどう色1号でしたが、現在塗料が欠品中のためブラックとブラウンを混ぜて調色したものをエアブラシで塗装しました。

カトー製品は屋根パーツが別なので、屋根のマスキングが不要なのは助かります。

妻面は実車の場合、ラッピングされておらず元の塗装が見えている状態なので、模型でも塗装でそれを再現いたしました。

P1430522

写真は側面のみデカールを貼りつけた状態です。

完全に乾燥させてから先頭車の前面部分を貼りつける必要がありますので、念のため3日に分けてデカールを貼り終えました。

車体全体にラッピングがされているので、よく乾燥させる必要があり1日にできる作業は限られます・・・。

P1430535

乾燥後に保護のためクリアコートしたのが写真の状態です。

どうやらカトー製品に合わせたわけではないようで、デカールのサイズが余り気味になり窓のラインと合わせるのに苦労しましたが・・・。

しわがあった部分も乾燥後は車体にキッチリと密着されました。

2019年7月13日 (土)

カトーの205系0番台にたぶれっとさんの205系新色デカールを貼り付けました。

カトーの205系0番台にたぶれっとさんの205系新色デカールを貼り付けました。

P1430521

お客様からのご依頼で製作したものです。

5日ほどかけてデカールを貼り付けた後、デカール保護のためクリアコーティングを行って完成しました。

デカールの品質が向上しているようで、切断面があまり汚くならずに綺麗に仕上がっています。

P1430518

女性専用車のデカールもちゃんと収録されていました。

ただし、数が足らないようなので一部は切り貼りして貼りつけしてあります。

P1430520

反対側の側面はこんな感じです。

ちなみに今回は6両で工賃60000円にて承りました。

窓部分にかからないデカールのため、窓の切り抜き作業がないのは助かりましたが・・・。

その分だけデカールの貼りつけ点数が多くなってしまい、手間と時間は余計にかかったように思います。

乾燥時間を含めて約5日間という時間がかかったということもあり、工賃がどうしても高くなってしまいます点はご容赦ください。

2019年7月12日 (金)

カトーの205系0番台にたぶれっとさんの205系新色デカールを貼り付け中。

カトーの205系0番台にたぶれっとさんの205系新色デカールを貼り付け中。

P1430510

お客様からのご依頼です。

ボディの前面と側面にあるスカイブルーの帯にあわせて、元の製品の塗装のままデカールを貼り付けます。

ということで、油分を取り去るためボディを洗ったあと、よく乾燥させてから早速デカールを貼っていきます。

貼付け自体は特に問題もなくできたのですが・・・。

P1430514

デカールはサイズがギリギリのため、元の帯の塗装が見えないよう貼りつけるのに気を使いました。

写真はスカイブルーの帯の部分だけ貼り終わった状態ですが、やはりこのままだと違和感がありますね。(笑)

P1430515

扉部分にある帯と窓の間にあるデカールを貼り終わるとようやくそれらしくなってきましたね。

それぞれ貼り付けた後は念のため1日づつ乾燥させていますので、ここまで4日ほどかかりました。

P1430517

最後に側面の肩部に残っていたスカイブルーの帯を、付属している銀色デカールで隠してしまえば完成。

さらに1日乾燥させてデカール保護のためのクリアを塗装すれば終わりですね。

«カツミ製HOゲージの江ノ電1200形にDCCデコーダーを組み込みました。