無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

2017年8月20日 (日)

トミーテックの鉄コレ、JR105系可部線(K10編成・広島色)をライト点灯化した特製品をM付2両セット15800円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、JR105系可部線(K10編成・広島色)をライト点灯化した特製品をM付2両セット15800円で販売します。

P1380503両方の先頭車ともにライトを点灯化しております。

前進時にはヘッドライトがLEDにて電球色に点灯し、後進時にはテールライトがLEDにて赤色に点灯します。

もちろん運転席はシースルーなので、客室内までちゃんと見えます。

P1380506トレーラー車はNゲージ走行化対応済みで、パンタグラフも交換しています。

ちなみに持込での加工も行っており、部品代込み1両5000円(トレーラー車は別途集電加工に1500円必要)で承っております。

2017年8月19日 (土)

トミーテックの鉄コレ、JR119系5300番台をライト点灯化した特製品をM付2両セット15800円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、JR119系5300番台をライト点灯化した特製品をM付2両セット15800円で販売します。

P1380499両方の先頭車ともにライトを点灯化しております。

前進時にはヘッドライトがLEDにて電球色に点灯し、後進時にはテールライトがLEDにて赤色に点灯します。

もちろん運転席はシースルーなので、客室内までちゃんと見えます。

P1380501トレーラー車はNゲージ走行化対応済みで、パンタグラフも交換しています。

ちなみに持込での加工も行っており、部品代込み1両5000円(トレーラー車は別途集電加工に1500円必要)で承っております。

2017年8月18日 (金)

トミーテックの鉄コレ、富山地方鉄道14760形新塗装をライト点灯化した特製品をM付2両セット15800円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、富山地方鉄道14760形新塗装をライト点灯化した特製品をM付2両セット15800円で販売します。

P1380418両方の先頭車ともにライトを点灯化しております。

前進時にはヘッドライトがLEDにて電球色に点灯し、後進時にはテールライトがLEDにて赤色に点灯します。

もちろん運転席はシースルーなので、客室内までちゃんと見えます。

P1380420トレーラー車はNゲージ走行化対応済みで、パンタグラフも交換しています。

ちなみに持込での加工も行っており、部品代込み1両5000円(トレーラー車は別途集電加工に1500円必要)で承っております。

2017年8月17日 (木)

トミーテックの鉄コレ、JR119系するがシャトルをライト点灯化した特製品をM付2両セット15800円で販売します。

トミーテックの鉄コレ、JR119系するがシャトルをライト点灯化した特製品をM付2両セット15800円で販売します。

P1380415両方の先頭車ともにライトを点灯化しております。

前進時にはヘッドライトがLEDにて電球色に点灯し、後進時にはテールライトがLEDにて赤色に点灯します。

もちろん運転席はシースルーなので、客室内までちゃんと見えます。

P1380417トレーラー車はNゲージ走行化対応済みで、パンタグラフも交換しています。

ちなみに持込での加工も行っており、部品代込み1両5000円(トレーラー車は別途集電加工に1500円必要)で承っております。

2017年8月16日 (水)

カトーの813系200番台にトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付けました。

カトーの813系200番台にトミックスのボディマウントTNカプラーを取り付けました。

P1380295お客様からのご依頼をお受けしたものです。

実車はグレーより黒っぽい連結器だそうで、ご要望に合わせて近い色のボディマウントTNカプラーを取り付けました。

実際に連結できるようになったうえに、製品そのままのダミーカプラーより見栄えがするような気がしませんか?

先頭車同士で連結させる場合はカプラー加工がオススメです。

P1380297走行テストを兼ねて、先頭車どうしで連結してみました。

連結間隔もほど良くて違和感はありませんね。

ちなみにこちらの取り付け加工ですが、TNカプラー代別にて1両1500円の工賃で取り付けを承っております。

2017年8月15日 (火)

トミックスのHOゲージ、485系ボンネットのライトを電球色LED化しました。

トミックスのHOゲージ、485系ボンネットのライトを電球色LED化しました。

P1370882P1370886お客様からのご依頼です。

左側が元の製品状態で、ヘッドライトが黄色LEDでの点灯。

右側が今回加工した製品で、ヘッドライトは電球色LEDで点灯するよう改造しました。

485系のライト基盤は少しややこしいので、ご依頼していただくことをおススメします。

ちなみに工賃は1両4000円にて承っております。

2017年8月14日 (月)

カトーのワフ29500に室内灯を取り付けました。

カトーのワフ29500に室内灯を取り付けました。

P1380030お客様からのご要望です。

製品は取り付けに対応していませんが、電球色LEDから自作した点灯ユニットを取り付けてあります。

室内灯なので、前進時でも後進時でも点灯いたします。

ちなみに工賃は1両2500円で承りました。

2017年8月13日 (日)

ドイツの新幹線ICE2の重連化改造をしてみました。

ドイツの新幹線ICE2の重連化改造をしてみました。

先日、ヤフーオークションにてフライシュマン製ドイツの新幹線ICE2のDCCサウンド付2両セットが、安く出品されていましたので買ってしまいました。

既にTRIX製品で4両だけ持っていましたが、こちらはサウンドなしDCCモデルでしたので・・・。

P1380015というわけで、実車と同じく重連できるよう先頭車にカプラーを装備してみました。

幸いなことにどちらのメーカーのモデルとも、先頭部のカバーは外れるように元からなっていましたので加工は楽でした。

手元にたまたまあった短いドローバーを用いれば、写真のように完成です。

既に持っていたTRIX製の4両に今回買ったフライシュマン製の2両と、なぜか販売しそこねて持っていた中間車の2両を合わせて8両編成ができあがり。

P1380010せっかくなので、当店のレイアウトに前から持っていたICE1と並べて試運転してみました。

ICE1は12両の固定編成(実車はもう少し長いこともあり)、ICE2は重連可能な8両編成(実車は1編成8両なので重連すると16両に)となります。

よく似ていますので間違えられることも多いのですが、並べてみると先頭部の形状が違いますね。

ICE2のほうはカバーが開いて連結器が出てきますので、ライトの位置が高くなっています。

動画を撮影してありますので、興味がある方はご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=eXAjg41ZI6g

https://www.youtube.com/watch?v=1XtrQsdakqQ

ICE1の方は調子が悪く、すぐ停車してしまっておりますが・・・。

2017年8月12日 (土)

カトーの近鉄10100系ビスタカーに室内灯を取り付けました。

カトーの近鉄10100系ビスタカーに室内灯を取り付けました。

この車種は構造上の都合により、室内灯の取付が難しくてみなさん苦労されているようです。

当店でも室内灯の取付がダントツで多い車種でもあり、今回は良い機会なのでブログで紹介してみる次第です。

P1380298当店では写真のように、半田付けで集電板と室内灯の基盤を取り付けてあります。

というのもマニュアルどおりに屋根の裏側に取り付けた室内灯の基盤と、床板に取り付けた集電板を接触させながら車体を組み込むのが至難の業ですからね。

あらかじめ半田付けで付けてあげれば、車体の組込は簡単になります。

また、走行中の集電不良も防げますから一石二鳥ですね。

P1380299中間車も同じく半田付けで室内灯をあらかじめ取り付けてあります。

こちらは車体の端から簡単に室内灯本体に手が届くので、先頭車より組込は楽なのですが・・・。

走行中の集電不良も防ぐという意味で、先頭車と同じ工法にしています。

P1380300室内灯を取り付けてあげればこんな感じで点灯いたします。

ちなみに工賃ですが、半田付け作業がありますので1両400円にて承っております。

2017年8月11日 (金)

トミックスの103系関西線にDCCデコーダーを入れました。

トミックスの103系関西線にDCCデコーダーを入れました。

P1380289お客様からご依頼を受けたもので、今回はサウンドなしの方向制御のみのDCCデコーダーを入れております。

使うデコーダーはコスパの良いカトーの先頭車用フレンドリーデコーダー(当店価格1418円)です。

写真のように外から見えにくいように、運転席後ろのスペースに配置いたしました。

P1380291座席面に置くと外からデコーダーが見えてしまいますので、少し上にあげて室内の上部に隠れるようにしてあります。

少しコードが見えてしまいますが、それほど外からは目立たないようになりました。

綺麗に塗装された車内がよく見えますね。

P1380288モーター車は写真のように加工いたしました。

使うデコーダーはコスパの良いカトーの動力車用フレンドリーデコーダー(当店価格1890円)です。

トミックス製品の場合、シートパーツの裏側に存在する集電板を上手く使えば、このようにデコーダーをキレイに配置することが可能です。

P1380292写真のように側面から見ても、あまりデコーダーが目立ちませんからオススメの入れ方です。

ちなみに今回の工賃はデコーダー代は別で、先頭車が1両7000円、モーター車が1両7000円で承りました。

よほど特殊な構造の車両でない限り、工賃は同じ値段で承っております。

P1380290加工後はDCCなので写真のように両先頭車を同じ線路に置いても、一緒にヘッドライトとテールライトを点灯させることができます。

アナログではこういうことはできませんので、ちゃんとDCC化できた証明にもなりますね。

もちろんDCCコントローラを使えばライトの点灯はOFFにすることもできます。

«カトーのHOゲージ、165系のライトを白色LED化しました。