無料ブログはココログ
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト

店内の紹介

  • レジカウンターと新製品コーナー
    店内の様子を撮影した写真です。 どんな商品が置いてあるか参考にしてください。

レンタルレイアウトの紹介

  • HOゲージはDCCにも対応
    当店自慢のレンタルレイアウトの紹介です。 上段にはNゲージが4路線。 下段にはHOゲージが2路線あります。 走行料金は全線とも30分200円。 車両のレンタルはNゲージのみ30分300円です。 お気軽に車両を持参してお越しください。 みなさまのご来店お待ちしております。

2018年2月20日 (火)

グリーンマックスのキットから改造して作られた、近鉄のはかるくんのライトを点灯化しました。

グリーンマックスのキットから改造して作られた、近鉄のはかるくんのライトを点灯化しました。

P1380633お客様からのご依頼を受けたものです。

日本橋のクロスポイントさんで改造してもらったそうです。

写真のように前進時にはヘッドライトが電球色に点灯するとともに標識灯が両側ともオレンジに点灯し、後進時にはテールライトが赤色に光るように加工しました。

いつも通り運転席はシースルーの仕様にしておりますので、前面の窓から客室内がよく見えます。

P1380634ベースがグリーンマックスのキットなので、鉄コレと違いボディの肉厚があるため特別に遮光処理しなくても光漏れはほとんどありません。

ちなみに加工工賃は、加工に時間がかかってしまいますので通常より高い目になります。

料金は1両7500円(トレーラー車は集電加工に別途1500円必要)で承っております。

2018年2月19日 (月)

グリーンマックスのキットから組み立てた東急8000系非冷房車のライトを点灯化しました。

グリーンマックスのキットから組み立てた東急8000系非冷房車のライトを点灯化しました。

P1390215お客様からご依頼を受けたものです。

ご要望により前進時にはヘッドライトが電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に点灯いたします。

いつも通り運転台はシースルーで加工しておりますので、実車と同じように前面窓を通して客室が見えるようになっています。

ちなみに加工料金は部品代込み、穴あけ加工代を含めて1両7000円(トレーラー車は集電加工に別途1500円と金属車輪が必要)となります。

2018年2月18日 (日)

カトーのED16のテールライトを点灯化しました。

カトーのED16のテールライトを点灯化しました。

P1390259お客様のご要望により第2エンドのみ点灯化しました。

こうすると第1エンド側に客車を牽けば、客車側のテールライトは点灯しないので違和感がありません。

当然、後進時には写真のようにキレイにテールライトが点灯します。

ちなみに加工料金ですが、部品代込み4000円にて承りました。

2018年2月17日 (土)

カトーのC62-2号機のテンダーヘッドライトとテールライトを点灯化しました。

カトーのC62-2号機のテンダーヘッドライトとテールライトを点灯化しました。

P1380797テンダーヘッドライト点灯状態です。

テンダー内にライトユニットを入れており、ヘッドライトは元のレンズをそのまま利用し、テールライトは新たに作った光ファイバーによる導光で点灯させております。

ヘッドライト点灯状態は若干暗く見えますが、モーターが動き出さない電圧で撮影しているためで、走行時は明るく点灯いたします。

ちなみにヘッドライト点灯化の加工工賃は1両2000円となります。

P1380795こちらはテールライトの点灯状態です。

テールライト点灯化の加工工賃は1両5000円となります。

ヘッドライト点灯化との同時加工のみ、少し割引して合わせて6500円で承っております。

2018年2月16日 (金)

トミーテックの鉄コレ、都営6000系のライトを点灯化しました。

トミーテックの鉄コレ、都営6000系のライトを点灯化しました。

P1390149お客様からのご依頼です。

写真のように、前進時にはヘッドライトが電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に光ります。

いつも通り運転席はシースルーの仕様にしておりますので、前面の窓から客室内がよく見えます。

P1390150ライトが点灯するだけで鉄コレのおもちゃっぽさが軽減されるから不思議です。

ちなみに加工工賃は、1両5000円(トレーラー車は集電加工に別途1500円必要)、で承っております。

トレーラー車は集電可能な金属車輪を装着してお申込みください。

2018年2月15日 (木)

おかげさまでもけいや松原は10周年を迎えることができました。

おかげさまでもけいや松原は10周年を迎えることができました。

2008年2月15日のOPEN以来、10周年のこの日を迎えられたのはひとえに日頃からお世話になっているお客様のおかげです。

というわけで、日頃の感謝の意味をこめて

ささやかながら本日2月15日から末日まで、10周年記念セールを開催させていただきます。

肝心のセールの内容は、

①1万円お買上げごとに1回スピードくじが引けます。(予約品やお取置品は対象外となりますので、ご了承ください。)

空クジなしなので、必ず何かが当たります。

②当店特製品(2月以降発売分を除きます)が表示価格より、さらに10%OFFで販売させていただきます。

通信販売も対象です。

③Nゲージ・HOゲージとも中古品を表示価格より、さらに10%OFFで販売させていただきます。

こちらも通信販売も対象です。

結構お買い得になるかと思いますので、ぜひこの機会にどうぞ。

みなさまのご来店・ご注文をお待ちいたしております。

2018年2月14日 (水)

トミーテックの鉄コレ、阪急1000系のライト&方向幕点灯化+車掌室灯と室内灯の点灯化を行いました。

トミーテックの鉄コレ、阪急1000系のライト&方向幕点灯化+車掌室灯と室内灯の点灯化を行いました。

P1390255お客様からのご依頼で加工させていただきました。

写真のように、前進時にはヘッドライトと標識灯および方向幕が白色LEDで点灯し、後進時にはテールライトが赤色LEDで点灯するとともに方向幕と車掌室灯が白色LEDで点灯いたします。

工賃はヘッド&テールライトと標識灯の点灯加工で1両7500円、車掌室灯の点灯化が1両2500円、方向幕の点灯化が1両4000円で承りました。

P1390256同時に全車へ室内灯も組込させていただきました。

鉄コレは屋根が浅いので既製品の室内灯を使うとプリズムが外から丸見えになってしまいます。

そこで、当店では写真のように極小のチップLEDを使った自作の室内灯を組み込んでおります。

こうすると既製品のプリズムを使わなくても均一に明かりが広がって、写真のように見栄えもよい感じになります。

ちなみに室内灯点灯化の工賃は部品代込み1両3000円にて承っています。

トレーラー車の場合は別途集電加工に1両1500円が必要です。

集電加工で多少走行が重たくなりますので、8両編成の場合はモーター車が2両必要になります。

2018年2月13日 (火)

トミーテックの鉄コレ、東急8500系のライトを点灯化しました。

トミーテックの鉄コレ、東急8500系のライトを点灯化しました。

P1390205お客様からご依頼を受けたものです。

ご要望により前進時にはヘッドライトが電球色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に点灯いたします。

いつも通り運転台はシースルーで加工しておりますので、実車と同じように前面窓を通して客室が見えるようになっています。

ちなみに加工料金は部品代込み1両5000円(トレーラー車は集電加工に別途1500円と金属車輪が必要)となります。

標識灯を点灯化する場合は+2500円です。

2018年2月12日 (月)

トミーテックの鉄コレ、クモル145&クル144のライト点灯化特製品をM付2両セット19800円にて販売いたします。

トミーテックの鉄コレ、クモル145&クル144のライト点灯化特製品をM付2両セット19800円にて販売いたします。

P1390540以前発売された鉄道コレクション第20弾のもので、1セットだけ倉庫から出てきたので加工を施したものです。

両方の運転台とも前進時にはヘッドライトが電球色に点灯するとともに方向幕が白色に点灯し、後進時にはテールライトが赤色に光ります。

方向幕はヘッドライトの明かりを少し落として、一緒に導光している構造になっています。

P1390547動力ユニットはクモル145に組み込んであります。

パンタグラフも説明書通りNゲージ用のものを取付済みです。

いつも通り運転席はシースルーの仕様にしておりますので、前面の窓からは運転室の仕切りがよく見えます。

ちなみに車両持ち込みでも加工は承っております。工賃は1両6000円(トレーラー車は集電加工に別途1500円必要)となります。

2018年2月11日 (日)

マイクロエースのE10-2の後部ヘッドライトを点灯化した特製品を17800円にて販売いたします。

マイクロエースのE10-2の後部ヘッドライトを点灯化した特製品を17800円にて販売いたします。

P1390521面白いことにこの製品は後進時でも前部ヘッドライトが点灯します。

というわけでまずは前部ヘッドライトの基盤を加工して、後進時には点灯しないようにしました。

非常に小さな基盤を加工するので、いつもより気を使います。

P1390513_2写真は先日発売された5号機の基盤ですが、同じようなものを複製して組み込みました。

従いまして前も後ろも電球色のLEDにて、明るく点灯するようになっています。

製品そのままだとムギ球なので暗いうえに、発熱の心配もありましたからついでにLEDへと交換しました。

後は後部ヘッドライトに穴を開けて、光ファイバーを加工したレンズを挿入すれば完成です。

P1390522写真のように後進時には後部ヘッドライトが点灯するようになりました。

ちなみに持ち込みでも加工は承っており、工賃は前部ヘッドライト基盤の加工と合わせて1両8500円にて承っております。

«マイクロエースのE10-5の後部ヘッドライトを点灯化した特製品を17800円にて販売いたします。